バカが行く馬鹿道

 

元高専生が武装神姫とかプログラム的何かを備忘録的にブチ込む

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

さくらVPSにbaserCMSをインストールしてみた 

こんばんは!ヘイムスです!

皆さん金環日食は見れましたか?僕は寝ていましたが;
Webにアップロードされた写真を見て楽しんでいます!


さて.
ひょんなことからCMSに触れる機会があり,その中でも"baserCMS"を手持ちのVPSにインストールすることになったので,備忘録がわりに書いておこうと思います.

CMSっていうのはhtmlファイルを触らなくてもブログ感覚でwebページの更新が可能になる代物らしいです.便利ですね.
僕もちょうどドメインを持て余していたところなので,使ってみようかなぁと思います.
CMSを使ったページがどういう感じになるかは近々,ということで今回はさくらVPS(CentOS5.7)にインストールする手順を備忘録がわりにまとめておこうと思います.


○その前に
githubのアカウントを今更取得しました.
今まで持ってなかったというか使うこともなかったので.
http://d.hatena.ne.jp/memememomo/20100421/1271806163
こちらのページを参考にしました.使い方も設定の仕方も何も理解していない初心者にはありがたいですね.

○本題
・baserCMSのページからbaserCMSを落としてくる.
http://basercms.net/
最新ver(20120521現在)は2.0.0でした.

#wget http://basercms.net/files/basercms/basercms-2.0.0.zip



・PHP・Apache・MySQLを導入する.
最新バージョンを導入しておけば特に問題無いと思います.導入の仕方は割愛します.
以前からちょいちょいといじくって設定を変更しているのでその辺もバッサリ割愛します.
まぁ,今回は公開できるようにも設定しているのでそんなに細かい設定は不要だと思います.

・unzipする
unzipします.
cp -rp hogeでApacheのドキュメントルートに放り込む.
/var/www/htmlのこと.

#cp -rp basercms-2.0.0.zip /var/www/html
#unzip basercms-2.0.0.zip



・インストールに必要な権限の設定

#cd /var/www/html/basercms-2.0.0
#chmod 777(w+o) app/config
#chmod 777 app/config/core.php
#chmod -R 777 app/tmp
#chmod -R 777 app/webroot/themed/demo/pages
#chmod 777 /app/db



・MyAQLのDBを作成

#mysql -u root -p
password:

mysql> create database baser_db default character set utf8;
←UTF-8として明示しておかなければ文字化けするそうです.


・確認

mysql > show databases;


・ユーザーの追加


mysql > grant all on baser_db.* to baser_db_user@localhost identified by 'password' with grant option;



・確認

mysql > select user,password,host from mysql.user;





・サイトにアクセスしてインストール開始
設定したURLからインストール開始
「BaserCMSのインストール」画面が表示されたら次のステップへ

「BaserCMSのインストール[ステップ2]」として環境チェックの結果が表示される.ここで,先ほどの権限の設定が必要になります.
設定がおかしかったり,抜けていると警告してくれるようです.
問題がなければ次のステップへ.

「BaserCMSのインツーリスト[ステップ3]」ではDBの設定を行う.
データベースタイプ:MySQL
データベースホスト名:localhost
ユーザー名,パスワード ←データベース作成時のパスワード
データベース情報:
・プレフィクス:そのまま.ここを変えると設定が通らなくなる.理由はわからない(← プレフィックスってなんじゃらほい
・データベース名:データベース作成時のデータベース名
・ポート:そのまま.MySQLが使用するポートは決まっているらしい.

以上の入力が完了したら「接続ボタン」をクリックする.


「BaserCMS[ステップ4]」が表示されたら管理用メールアドレス,管理用ユーザーの情報を入力して「完了」ボタンをクリックする.

以上で,デモサイトが立ち上がってインストールが完了し,編集が可能になる.


以上です.ね,簡単でしょう?
プレフィクスの辺りで躓きましたが他のところは特に問題なくインストールすることができました.

CMSを少しだけ触ってみた感想としては,その昔にあったホームページビルダーに近いものを感じます.
テキストエディタのような感覚でページを編集できるのはまんまあの感覚ですね.

baserCMSそのものはCakePHPで書かれています.
CakePHPは名前くらいしか聞いたことがないのですが,この際なので少し手を出してみるのも良いかなと思っています.
でも先にRubyかな…
PHPはまだまだ書く必要があるので,それと並行ですが.
でもRubyってすごく楽ちんな印象ある
あと,fc2でコマンドラインとかソースコードを見栄え良くするにはどうすれば良いんだろうか…


とりあえず,今日はここまで.
お疲れ様でした.

参考にさせていただいたページ
http://blog.pdns.jp/?p=982
http://blog.eumyang.net/tag/basercms/
http://l-w-i.net/t/basercms/0install_001.txt
スポンサーサイト
Posted on 2012/05/23 Wed. 00:02 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。