バカが行く馬鹿道

 

元高専生が武装神姫とかプログラム的何かを備忘録的にブチ込む

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

ヒトカラⅡ 

またかい。
うん、またなんだ。
決して行く友達がいないんじゃなくて
一人が良いんだよ!!!!!
練習は!!!!!


あ、毎回毎回JOYで歌ってますんで
興味ある方はJOYのユーザー検索で私を捜してもらえると大体何歌ったかわかると思います。
探すのに結構根気いるみたいですけどww


今日は結局
前回のヒトカラからだいぶ時間が経ってしまったので
改めて歌い方の研究でした。
数年前からずっとやってることですけど。


いろんな歌い方を自分なりに研究してきましたが
やはり思うのは

俺、喉よわし!!!!!!


元々鼻炎とか気管支炎系の持病持ちなので
弱いっちゃー弱いんですが
それを差し引いてもやっぱり弱い気がする。

そもそも持病持ちでボーカルやろうと思うのが無茶だとかそういうツッコミはなしで。



僕がよく歌う歌の傾向といえば
大体ロックに分類されるんですが。


シャウト>>>通常>>>>>>>>>>>>適切な声量


こんな気がする。
負荷高くね?


というわけで
やっぱり、横隔膜をフルに使って、適切な声量で歌わないとダメですね。
声量かなり小さめかもしれませんが、1時間もしないうちに喉つぶすよりはずっとマシでしょう。
歌ってるうちに声量は大きくなる!かもしれない。

こんな感じですね。
まぁー、素人が好き勝手に調べてるだけなんで
実は全く的外れかもしれませんけど。





そして何よりも
俺、自称ボーカルであって
実際どこにも所属してないんだよねwwwww
俺/(^o^)\


これはいよいよどこかにうpる時なのか・・・
しかし録音できる環境と、編集できるスキルがないぞ!!!
なくてもやるしかないか!!!!!


年内に・・・できるかなぁ・・・




お疲れ様でした!
スポンサーサイト
Posted on 2009/11/20 Fri. 21:23 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

高専カンファin東京 参加レポ(という名の感想文 

※長文注意!!※

来る11/7に開催された、高専カンファレンスin東京に参加してきました。
今回はそのレポート(という名の感想文でレポートじゃない希ガス)
が中心になります。

今回は奈良高専JOKEN組に混ざっての東京行きとなりました。
普通の参加者としてはかなり早い段階での到着だったと思います。
ついでに、人数も・・・w


一般発表。


最初に、高専生プロダクツの人工衛星。
小型の、構造としてはわかりやすいものとはいえ
あれを同じ高専生が作ったとは、まさに脱帽。

小型推進器ってことはいわゆるアポジモーターってことなんだろうけど
ボクは今まで、その手の姿勢制御ブースターの類は
推進剤、つまり燃料と同系統のところからひっぱって使うものだと
思ってましたが・・・

火薬を使えば、確かに誘爆の危険性は高まるものの
非常に簡単な構造での姿勢制御が可能になる。

うぅむ。
宇宙衛星って基本的に使い捨てなのが惜しいところ・・・
是非とも回収して、展示なりなんなりして欲しい・・・



その他にも
DNAすげーとか、ひでまろさんのC++プレゼンに情報科の俺が全く
ついて行けてないとかどういうことなのとか
色々。
今やDNA使った調査でなんでもわかってしまうような気がしますね。
悪いことできない。
悪戯もできないのね・・・


続いてLT
ライトニングトークスって言うのね。
発表時間5分で如何にオーディエンスに言いたいことを伝えるか
これすごくムズカシイ。
スライド・トーク・ボディランゲージ
こういった要素をすべて活用しないといいプレゼンはできないというのを
見ているだけでしたが、思い知ったような気がします。

発表内容としては
一般発表と同じく。
各々の研究分野や社会に出てからの仕事を中心とした発表が
中心だったと思いますが
一般発表に比べて遙かにライトなノリ。
よもやここまで軽いとは思わなかったw

しかしその中でも
発表者の方々は各々の言い分をしっかり相手に伝えることに成功していて
またしても脱帽。
おまけに発表がおもしろい。
どうやったらこんなプレゼンできるの。

会場への問いかけとか
そういった方法も非常におもしろい。
こういう手法は是非とも参考にさせていただきたいところ。


そしてついに明かされる高専カンファin奈良計画。
実現できんの!?
やるなら協力はするけどww

すごく不便なところよ奈良高専><


まとめとしては。
当然かつ月並みなコメントではありますが
自分の全く未知な領域の発表がすごくタメになりました。
まだまだ知らないことたくさん。
しかし、これらが今、学校で自分が習っている勉強から繋がっている
そう思えば、やっぱり学校の勉強は決しておろそかにできない。
あたりまえだけど。
去年一昨年の自分が恥ずかしくなる・・・orz


しかし、そういうことを通じて
少し、自分の目指している姿がなんなのかということが
薄ぼんやりながらわかってきたような気がします。
ようやく。
高専に入ったときとはまた違った目標になってはきてますが
十分アリなんじゃないかなと。

卒業まであと2年を切り
高専生活も折り返しを過ぎ
そろそろエンディングへのルート入りが近づいて。
自分の入りたいルートがどれか、少しわかった気がする。
これが、今回の参加で一番の収穫だったと思います。

そのために、しなきゃいけないことは
ドンドン積極的にやっていかなきゃぁ、ね。





最後ではありますが
高専カンファin東京の運営陣・スタッフの皆様
本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
Posted on 2009/11/11 Wed. 23:29 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。